歯を失ってしまったらすぐに対処しましょう

むし歯や歯周病、また外傷などで歯を失っても、「奥歯で見えないから大丈夫」「1本くらい歯がなくても咬める」といった理由で放置される方がいらっしゃいます。しかし、歯は1本でも失うと隣の歯が倒れてきたり、咬み合う歯が伸びてきたりして、歯並びや咬み合わせを乱してしまいます。歯を失ってしまったら、すぐに対処することが大切なのです。

こちらでは川口市の歯医者「デンタルクリニックK」が、失った歯の機能を回復するためのブリッジ・入れ歯・自家歯牙移植・インプラントについてご説明しますご要望をうかがった上で、患者様に合わせた治療をご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

一人ひとりに合わせた治療をご提案します

当院では、失ってしまった歯の機能を回復する治療として、次の4つの治療に対応しています。一人ひとりのお口の中の状態、また患者様のご要望をふまえ、適した治療をご提案します。

ブリッジ
ブリッジ

失った歯の両隣の歯を削って支えにして、連結した人工歯を橋(ブリッジ)のように架ける治療です。外科手術は不要ですが、健康な歯を削る必要があります。

ブリッジについて>>

入れ歯(義歯)
入れ歯(義歯)

歯が残っていれば「部分入れ歯」、すべての歯を失っていれば「総入れ歯」を製作します。もっともポピュラーな治療法ですが、装着時に違和感があり、天然歯のような咬み心地を得るのは難しいといえます。ただ、設計や使用する材料の変更、またインプラントの併用などで快適さを大きく向上することができます。

入れ歯(義歯)について>>

インプラント
インプラント

歯を失った部分の顎の骨にチタン製のインプラント根(人工歯)を埋め込み、その上に被せ物を装着します。失った歯の本数に関わらず治療が可能で、天然歯に近い咬み心地や見た目を得られます。ただし、外科手術が必要となります。また、全身疾患の有無などによって対応できないケースもあります。

インプラントについて>>

自家歯牙移植
自家歯牙移植

歯を失った部位に、ほかの部位の歯を抜歯して移植します。自分の歯を利用するため、なじみがいいのがメリットです。

ただし、移植する歯がなければ適応できず、複数の歯を失った場合にも行えません。

自家歯牙移植について>>

ブリッジについて

歯を削る量の少ないブリッジも可能です

一般的なブリッジでは、支えとなる両隣の健康な歯を大きく削る必要があります。また、切削時はどうしても歯髄(歯の中にある神経)へのダメージを避けることができません。持続的な強い痛みが出る場合もあり、その際は神経を取り除く治療が必要になります。そのようなデメリットが少なく、かつ歯を削る量が少なく抑えられるのが「接着ブリッジ」という治療です。ただし、接着ブリッジ治療の適応できない場合もありますので、くわしくは当院までご相談ください。

接着ブリッジを使った治療 ~ケーススタディ・症例~

奥歯に接着ブリッジを使ったケース
【治療前】 【治療後】 奥歯を失ってしまった症例です。接着ブリッジを固定するために両隣の歯を削り、接着ブリッジを装着ました。
現在、情報を取り纏めております。今しばらくお待ちください。 現在、情報を取り纏めております。今しばらくお待ちください。
【治療前】 【治療後】
抜歯が必要なむし歯のケース【治療前】 抜歯が必要なむし歯のケース【抜歯後】
【ブリッジ】 【治療後】
抜歯が必要なむし歯のケース【ブリッジ】 抜歯が必要なむし歯のケース【抜歯後】

むし歯の進行度合によってはやむを得ず抜歯を選択することもあります。そのような場合でも患者様のご希望をふまえさまざまな治療プランをご提案します。このケースではブリッジを選択していますが、そのほかにもインプラント・入れ歯・自家歯牙移植などの治療方法があります。

インプラント治療について

麻酔医の紹介

当院では日本歯科麻酔学会認定医による静脈内鎮静法をご提案しております。
インプラント治療特有の音や振動が気にならないように麻酔をされる方が多くいらっしゃいます。
また60歳以上の方は術中に血圧が大きく上昇してしまう事が多く、予期せぬトラブルを防止する為静脈内鎮静法をお勧めしております。
日本歯科麻酔学会認定医が行いますので安心して麻酔を受けて頂くことが出来ます。

石川 むつ子
石川 むつ子 学歴
  • H7 4月 岩手医科大学歯学部 入学
  • H13 3月 岩手医科大学歯学部 卒業
職歴
  • H13 4月 岩手県立中央病院歯科口腔外科臨床研修医
  • H14 3月 岩手県立中央病院歯科口腔外科臨床研修医 終了
  • H14 4月 岩手県立中央病院麻酔科実務研修医
  • H15 3月 岩手県立中央病院麻酔科実務研修医 終了
  • H15 4月 日本歯科大学歯学部付属病院歯科麻酔・全身管理科医員
  • H16 7月 日本歯科大学歯学部付属病院歯科麻酔・全身管理科医員 退職
  • H16 8月 東京女子医科大学麻酔科学教室助教
  • H20 8月 東京女子医科大学麻酔科学教室助教 退職
       9月 東京女子医科大学麻酔科学教室の嘱託医師として勤務しながらフリーランスの歯科麻酔科医として独立
  • H27 3月 東京女子医科大学麻酔科学教室嘱託医師 退職
    現在に至る
資格
  • H19 8月 日本歯科麻酔学会 認定医 取得

インプラント治療を断られた場合~骨造成~

インプラント治療では、インプラントを埋め込むために十分な顎の骨量が必要です。当院では、顎の骨が不足している場合、様々な方法で骨造成を行うことが可能です。他院でインプラント治療を断られた患者様もあきらめず、一度ご相談ください。

サイナスリフト・ソケットリフト
  • サイナスリフト・ソケットリフト
  • サイナスリフト・ソケットリフト
  • サイナスリフト・ソケットリフト
上顎の骨量が不足している場合に行う治療です。上顎骨の上にある上顎洞(じょうがくどう)の底部分を押し上げ、その空間に骨補てん材を入れて骨の増生を促す方法です。
GBR法
  • GBR法
  • GBR法
  • GBR法
顎骨の幅や高さが不足している部分に、メンブレンという特殊な膜を入れてスペースを確保し、骨補てん材を入れて骨の増生を促す方法です。

さまざまなインプラント治療 ~ケーススタディ・症例~

1本のインプラントを埋入するケース
【治療前】 【治療後】 事故によって前歯を1本だけ失ってしまった症例です。顎の骨の骨量も十分にあったため、インプラントを埋め込み、セラミックの人工歯を装着しました。2回法で治療期間は3ヵ月、通院回数は5回です。
現在、情報を取り纏めております。今しばらくお待ちください。 現在、情報を取り纏めております。今しばらくお待ちください。
十分な骨が確保できていないケース(骨造成)
【治療前】 【骨造成】 歯周病が進行し、歯を失ってしまった症例です。顎の骨が減っていたため、サイナスリフトにより骨造成を行い、インプラントを埋入しました。
現在、情報を取り纏めております。今しばらくお待ちください。 現在、情報を取り纏めております。今しばらくお待ちください。
【埋入】 【治療後】
現在、情報を取り纏めております。今しばらくお待ちください。 現在、情報を取り纏めております。今しばらくお待ちください。

~インプラントは入れて終わりではありません~

インプラントは人工物なので、むし歯になることはありません。しかし、インプラント治療後にメインテナンスを怠れば、歯周病と同じ症状を持つ「インプラント周囲炎」を招き、せっかく手術をして埋め込んだインプラントが抜け落ちてしまうこともあります。

しっかりとメインテナンスを行えば、インプラントは長期的に使い続けることができます。「入れたら終わり」と思わず、ご自宅できちんとブラッシングを継続しながら医院での定期検診で専門的なメインテナンスを受け、インプラントを長持ちさせましょう。

入れ歯治療について

入れ歯にも様々なものがあります

入れ歯治療は歯を失った場合のもっともポピュラーな治療法ですが、その設計や使用する材料、またインプラントの併用などで審美性や装着感などが大きく変わります。当院では患者様のご要望に合わせて、様々なご提案が可能ですので、お気軽にご相談ください。

  保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
  保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
メリット
  • 費用が抑えられる
  • 素材や設計に制限がなく、自由に選択できる
  • 審美性や装着感、咬み心地などを追求できる
  • 金属床は食事の温度が伝わりやすく強度が高いため壊れにくい
デメリット
  • 素材や形に制限がある
  • 審美性や装着感を追求できない
  • 強度が低く、壊れやすい
  • 食事の温度が伝わりにくい
  • 保険診療に比べて高額

デンタルクリニックKの診療予約はこちらから

PAGE TOP